お金を借りると税金が発生するの?

お金を借りると税金が発生すると聞くと信じられないかもしれませんが、これは全くありえない話ではありません。
それではなぜお金を借りることによって税金が発生するのかというと、借り方によっては贈与を受けたことと同じことになるためです。

よくあるものとしては親から、ある時払いの催促なしという条件でお金を借りるということは珍しくありませんが、この場合金額が大きければ贈与を受けたとみなされてその分の税金を支払わなければならないことになるのです。
それではしっかりと返済をしてあくまでもお金を借りるという形にしたらどうかというと、これもやはり税金が発生する可能性があります。

返済もしっかりとして更に利息もつけているのであればよいのですが、無利息でお金を借りた場合にはここが問題となり、利息分の金額の贈与を受けたとみなされることになるのです。
例えば1億円を銀行から借りて利息が5パーセントだとした場合、返済をするときには1億円に利息の500万円を加えなければなりません。
これを無利息で親などから借りることができれば、実質的に500万をもらったのと変わりないことになりますから、この分は贈与税として税金を払わなければならないのです。
1億円は本当に借金だとすれば贈与税はかかりませんが、無利息である場合には本来であれば発生したとされる利息分が贈与となり税金を納める義務が発生します。
貸し借りなら収入ではないので、税金は発生しないだろうとおもいがちですが、この辺に落とし穴があるので注意が必要です。